医薬品と医薬部外品

医薬品と医薬部外品の発毛育毛の効果

発毛剤や育毛剤にも医薬品と医薬部外品があり、その効果は認められています。発毛剤は新しい毛が生えてくるのを促進と成長、育毛剤は今ある毛の保護や栄養補給などが目的になっています。

化粧品とは違い、医薬部外品は厚生労働省が認める効果があり、医薬品はそもそも薬であり、医師の処方が基本です。

ただ薬にもドラックストアで置いてあり買うことができるように、発毛剤育毛剤も買うことができるものがあります。

一番取り扱いが難しいものは医師の処方となり、次にドラックストアの薬剤師からでないと買うことができない、店内で買うことができるなどが医薬品の購入方法です。

確実にその効果を感じたいのなら、医師が処方してくれる医薬品を使ったほうがその効果を感じられやすいことが、考えられます。その効果=薬の効果ということですから、医師に相談もできますし、自分の髪についてよくわかることもあります。

一方医薬部外品は、処方でないことから簡単に買うことができることがメリットです。気にはなっているけれど、悩んではいない、くらいの状態ですと、まずは医薬部外品から始めてもいいかもしれません。

発毛剤育毛剤とはどんなものかわかってから購入することで、納得することもできます。

発毛剤と育毛剤の違い関連記事→https://ikumoufirst2018.com/

医薬品と医薬部外品の副作用

どんな薬にも副作用があるように、発毛剤育毛剤にも医薬品の場合にも副作用があることがあります。

頭皮に発疹赤みが出てしまったり、頭痛やめまい、むくみなど医薬品の使用で副作用がでることがあります。

医薬部外品は医薬品より副作用の危険性は少ないですが、全くでないわけはありません。単なる化粧品でも肌荒れを起こしてしまうような人は、荒れる可能性もあり、合わない化粧品と同じように副作用が出てしまう可能性も考えられます。

通常服用する薬もその効果が強い薬の方が副作用が出る可能性が高く、発毛剤育毛剤でも同じことといえます。

今まで荒れ放題で環境が整っていなかった頭皮や薄くなって弱っている毛にいきなり栄養をいれても、うまくなじむことができなかったり、そもそもその成分が自分に合っていないことも考えられます。

無理して使ってしまいもっと毛が薄くなる心配をするより、それを処方した医師や薬剤師に相談したり、取扱説明書などをよく読み適切な行動をとることで、副作用は最小限におさえることができます。

使っている間に弱っていた頭皮や毛が強く丈夫なものになってくると、副作用を感じなることもありますので、最初の間は注意が必要です。